EDの何か類原因を引き

人が不足しなく考えることがあって、EDは性生活のある人の病で、セックスパートナーと性生活がなくて、すぐEDの問題が存在しません。外来診療上によく人が聞いて:有性が生活純漢方のED媚薬しなくて、ただどうしても感じて陰茎勃起は悪くて、治療する必要がある?臨床ははっきり示すことを観察して:もし3カ月以上は有性が生活しなければ、同様に気に入らなかった勃起は、おそらく男性勃起機能衰退、陰茎海綿体萎縮を引き起こすことがあって、これによってEDを引き起こします。私たちは“無性のED”と言います。患者はその上その婚に影響して通常生活を待つことに恋して、さらにEDの病状を強めることができる。

サイクリングを引き抜くことを研究することと自転車に乗らない2組のデータが比較することがあって、結局表明して、年、喫煙、憂鬱な、慢性の疾病、体力状況などの要素の後を排除していて、毎週のサイクリングは3時間を超えることはEDの自主的危険な因数で、般若は3時間の規範にEDとかかわりがないことが不足して、原因はおそらく適度で自転車に乗って運動的に心血を鍛錬して管理して、これによって勃起機能を保護しました。

健康な時報は専門家の馬の暁年が言って、狭小なサドルを避けて曇った組織した圧迫ができることに対すること必要なことを特約して、最も簡単な方法は、すぐサドル前の端が下で10度傾いて、前の端の圧力は水よりふだん44%を減らして、このような男性は陰部の受けた圧力ができてすぐ大幅に小さく減ることができます。また、サイクリング時間を出来るだけ制御しなければいけなくて、1時間に乗ることをやり遂げることが当然で、10分を普及させます。

貧血は性機能の影響に多い方面で、貧血の時のように、血中赤血球は減少して、真赤な蛋白濃度は下がって、それは酸素を携えて能力的にすぐ弱まることができて、これによって作製は組織して、細胞中酸素の供給は減少して、性器の機能は自然的に異常が発生することができて、厳しい貧血は陽痿(ED)、早漏、性欲が現われて性機能の下がった表現を待つことを下げる。

ED(勃起不全)の体験談分かち合うから, EDの何か類原因を引きポスト