10条注意ED(勃起不全)の原因

EDと勃起障害(国際的略称ED)とは、性欲が要請にペニス勃起することはできませんやない勃起堅、あるいはが勃起しかも一定程度の硬さを保つことができないが、セックスの時間に足りて、だから邪魔できない性交性交や。ED分先天性と病理性の二種類があり、前者は多くなく、愈しにくい、後者は多くなく、しかも治癒率が高い。

EDの原因は

1、大きな心理的ストレスを男が現れた性生活がエキセントリック後、心には一定の心配があるかもしれない。でも、自分の面子には、他人のことを心配し、病院に行って治療をしないと。過度のうつ病、悲しみ、恐怖など、または恣情纵欲、性生活も大脳皮質機能などによる過度の乱れがEDを形成し、深刻な心理の圧力により、病的ED。

漢方医は情志不順、思しすぎて、憂い郁怒は、肝失疏泄。宗筋集まる無能でED。あるいは思慮が多すぎて、損傷のか、血気の不足、宗筋失養;あるいはびっくり卒恐怖心に腎臓、傷、ガス機逆乱、血気に達しない宗筋、強いことはできません、陽インポ。

2、不良の食と生活習慣

今では生活リズムが急速に大時代に、男性は、いくつかの不良の食や生活習慣、も誘発EDの原因の一つである。長期の大量喫煙、酔っぱらう、徹夜、性生活過度など、男性がEDの原因について。

特に注意して研究によって喫煙や吸わない心臓病患者が完全に勃起不全の罹患率は56%と21%それぞれ。アルコールやアルコール依存症の患者は肝臓の病気の勃起障害の罹患率はそれぞれ70%と25%、そして人の半分を回復することで長年後も勃起機能。近鬱病鬱病患者性欲淡淡。

3、富貴の疾病、栄養豊富化

近代的な研究は、糖尿病患者は大きな一部EDになりやすい、高血圧や心臓病患者ED確率も高い。これらの「富貴病」OLでの発症率が高いかつ低年齢化の傾向が現れて、これらの疾患を蝕み続けOLが健康と同時にもそっと浸食しているOLの「性福」。ED疾病分を精神的EDや、器質的ED 2種類、精神的ED主には、生活習慣の不良による、最も典型的なのは長期の精神的なストレスは、あるいはその他の精神異常など、できるなら直さなければ、徹底的に治愈の完全にできる。

4、泌尿疾病併発ED

男性は自分の不良の生活や食習慣を招いた各種の病気を患って、これらのような前立腺炎、前立腺は増殖して、副睾丸炎、精索静脈瘤など普段によってED。部分では、高齢者患者は、前立腺炎と前立腺増殖でEDを引き起こす。

5、薬物の影響

体が弱いにいくつかがよく媚薬をいくつか食べて、あるいはのためのいくつかの慢性疾患である薬、長期服用。専門家は、不正規媚薬、精力薬など、EDのよくある原因の1つで、また、男性の友達の薬、神経性高血圧治療薬なども、性欲を抑え、誘発ED。

6、器質性因子

器質EDは男性EDが重要な理由の一つとして。ときに男性の血管疾患、神経損傷、手術に感染して、内分泌、慢性疾患など、ペニスを内部の海绵体血液供給不足を招いて、ペニス勃起できない、あるいは勃起ない堅など、EDの発生をリードして、正常な性生活に影響。

7、内分泌失調

内分泌係は人体の非常に重要なシステムの一つで、もし内分泌や異常と、体の健康もきっと大いに影響を受け、EDの発生もその理由。例えば糖尿病など下垂体機能不全の病気、または損傷や睾丸機能の低下のシステム内分泌疾患、簡単にとっても、EDの原因。

8、正確性知識が乏しい

小さいときからイイ子家で両親は性の問題の厳しい要求、両親は感情の調和がとれていない、家庭的な問題に消極的で、靑年に長期でオナニー、オナニー危害の誇張認識で発生する心理上の矛盾。また、現在の靑少年を受けた不良の刺激性の情報、たとえば悪書、ビデオやDVDなどの宣伝の病的性行為誤解を重視し、人々がひどい性能力、自分より人の時、ストレスなどによる。これらの心理的要因がEDになる。

9、夫婦は禁欲時間長すぎ

女性では妊娠や出産期間、普遍的な夫婦の双方が必要と禁欲が、男性が注意しないストイックに長く、夫婦間の感情の交流、男性の性欲な排水、にもつながるED、早漏などの問題。また、女性は、心臓病、肝炎、腎炎、膣炎、腫瘍や精液アレルギーなどの病気の時、男性と能動的禁欲、全力で自分を配慮して、軽視して適度な性生活病気の回復を促進することができます。

10、対応性生活

ある妻怖がり性交痛、心配の妊娠、性欲が高くない又は居住環境不振など問題、よく「いい加減に取りかかる」であると同時に、希望を夫に「草草收兵」には、時折「君はどうしてまだ来ない射精ですね」、結果を促すにくくなるほど、夫の達成性高潮、深刻な者まで現れる性生活に射精の問題。そのため、性生活の中で、妻はなるべく抑止夫の痙攣するべきでなくて、更に挫傷夫の性衝動を促す夫、早く射精又は中途終瞭性生活。この問題が出たら、男女の双方の問題は、それぞれ専門医に相談が必要に診て、もし環境などの客観的な原因は、積極的に居住環境の調整、改善と、性生活を調和させる。

ED(勃起不全)の体験談分かち合うから, 10条注意ED(勃起不全)の原因ポスト