ペニス勃起不全の注意事項

ペニス勃起不全の若い男と配偶者は、最初の性的接触するときは、あらかじめ先方の協力と医師の指導。医者は患者に患者の注意に注意して次のいくつかの問題に注意しなければならない。

(1)徐々に建立的関係から、避けるべき特定的な活動は、試練に耐えられるようから、徐々に適応して以降、自分を信じては実現できる性交だが、忍耐が必要と静かに待つ。有性障害の若い男は初婚時と配偶者に行う行為はほとんど成功しない。経緯度いち~に成功しない。彼らは女性から避ける。この病人に説明し、順調に解消する障害.相互理解、協力と忍耐の状況で長くて親密な協力。

(2)女性に素直に公開性の機能の障害の性質を減らすことができるように、ストレスを避けて性交時に女性に不快な感情、また相互問良好な関係の形成、女性の協力に興味を。

(3)非性交的活動を含む、相互愛撫、関心、病人を理解させるのは、性生活の時には充分応用手、舌、口の役割に、手や舌、口の親しい友達に活動も愉快な感じ。男性は女性のペニス勃起を達成性満足の唯一の要素は、女の性的興奮をなでて部位を通じてクリトリスも発生することができます。女性はこの点が分かって、思想的負担を解除することができます。男は十分なペニス勃起硬度を実現させる性交、女子を満足可能性がさらに、気軽に正常な性生活。

(4)陰部が、性器の検査のために、婦人科検査の姿勢をとるために、女性は男性と女性の検査をしている。性交時、夫婦は随時交換して考え、要求を提出した。どれらの人が同防ペニス勃起不全

ペニス勃起不全の種類

一、血管性勃起不全:

ペニス勃起は3つの面の血管が変化することができて完成することができます。つまり、神経反射の作用下動脈主導の拡張、海绵体血の量が増えて、海绵体血洞たるみ、拡張、充血、海绵体静脈受動圧縮と主動収縮、抵抗の高まる;また、が正常な白膜。その中のいかなる方面の欠陥は、によってペニス勃起障害、即ち血管性勃起不全。

二、精神性勃起不全:

1、内在的な精神的要因:嫉妬親しく、厌恨女性、性犯罪感、欠乏男性的性格。

2、人間関係の要素:もし不適切な依存性、競争に失敗して、長期の怒りと怨み、配偶者が遅いX_B、生命の危機などによる勃起不全。

3、経験不足等の行為の要素:性知識、間違った性経験、性行動切実傍観するなど、外部。

三、内分泌性勃起不全:

原発性の生殖腺機能の低下、連続性の生殖腺機能の低下、高泌乳素血症、甲状腺機能高進、甲可能性ホルモンの影響下リード勃起不全を変える、

神経性勃起不全:中枢神経や週囲の病変を引き起こすペニス勃起の神経反射障害を含め、頭蓋の疾病、脊髄損傷や脊髄疾患、末梢神経障害。

薬及びその他の器性疾患:勃起不全の治療薬珍しくない。生殖器官疾患など自分、尿道下裂がありや尿道に裂などの病気につながることに勃起障害、

ED(勃起不全)の体験談分かち合うから, ペニス勃起不全の注意事項ポスト